タグ:クレジットカード

クレジットカードのタグが付いた記事一覧。ANA・JAL・シンガポール航空のマイルを貯める、つかう!陸マイラーブログ

2017-09-01ポイントサイト2017
ANA To Me CARD PASMO JCB(通称:ソラチカカード)申し込み、発行でポイントサイトのポイントを貯めたい!と思って調べてみたけど、どこのポイントサイトにもソラチカカードの広告が掲載されていなくてお困りですか?ANA陸マイラー必須のクレジットカード・ソラチカカードソラチカカードとは?通称ソラチカカード、「ANA To Me CARD PASMO JCB」はANA陸マイラーにとって欠かせないカードです。ポイントサイトを利用してマイルを貯...

記事を読む

2017-07-07ポイント・マイルを貯める
コンビニはマイルの宝庫陸マイラーは、コンビニで買い物をするときもマイルを貯める方策を実行する必要があります。なぜならコンビニはマイルの宝庫。埋もれている宝の山を前にして、見過ごすことはできません。この記事ではコンビニ別マイルの貯め方、伝授しちゃいます。コンビニでマイルを貯めるために必要な3つのアイテムコンビニでマイルを貯めるために必要なアイテムは以下の3つ。もちろん、コンビニごとに異なるアイテムをそ...

記事を読む

2017-04-18ポイント・マイルを貯める
陸マイラーのマイル源はポイントサイト。ポイントサイトで貯めたポイントを非常に効率よくマイルに交換できるソラチカルートは陸マイラーの歴史上かつてない利益を私たちにもたらしてくれています。陸マイラーの歴史は制度改悪の歴史でもあり、ソラチカルートがいつ終了となるかはソラチカカード(ANA to Me CARD PASMO JCBカード)を発行しているJCB次第。はい、終了となれば私たち陸マイラーに抗う術はありません。陸マイラーが...

記事を読む

2017-03-16キャンペーン2017
バイマイルとはバイ(buy)=購入ですから、マイルを購入するという意味で使います。普通はマイルは購入するものではありませんし、一部オークションを除いては販売されていません。しかし何か別の商品を購入することでクレジットカードやポイントサイトのポイントが貯まり、実質的に商品とともにマイルを購入する行為を「バイマイル」と呼んでいます。陸マイラーにとっては商品は二の次で、貯まるマイルの方が重要だったりする、...

記事を読む

2017-02-26キャンペーン2016
JMB WAON カードチャージボーナスマイル電子マネーWAONはJALマイレージバンクと連携した「JMB WAON」を利用すると、200円の決済ごとに1JALマイルが貯まります。イオンを中心とした店舗で利用可能ですが、2015年はローソンでもWAON決済が導入されるなど、利用可能な店舗は増加傾向。通常期間は200円ごとに1JALマイルが貯まりますが、イオンで毎月10日の”ありが10デー”ではWAONを利用してお買い物をすると貯まるポイント・マイルが5...

記事を読む

ソラチカカード発行でポイント・マイルが貯まるポイントサイト【2017年9月】


ANA To Me CARD PASMO JCB(通称:ソラチカカード)申し込み、発行でポイントサイトのポイントを貯めたい!と思って調べてみたけど、どこのポイントサイトにもソラチカカードの広告が掲載されていなくてお困りですか?



ANA陸マイラー必須のクレジットカード・ソラチカカード


ソラチカカードとは?


通称ソラチカカード、「ANA To Me CARD PASMO JCB」はANA陸マイラーにとって欠かせないカードです。

ポイントサイトを利用してマイルを貯めることは陸マイラーには常識。そのポイントサイトで獲得したポイントを非常に効率よくANAマイルに交換できるカードがソラチカカードだからです。


ポイントをマイルに交換


通常、ポイントサイトで貯めたポイントはPeXやGポイントなどのポイント交換機能を持つサイトを経由してANAマイルに交換します。PeXやGポイントからTポイント、nanacoポイントを経由した場合、100円相当のポイントはANA50マイルになります。

なかには直接ANAマイルに交換できるポイントサイトもありますが、ほとんどはポイント数の1/3や1/4に減ってしまいますので直接交換することは陸マイラーなら避けるべきです。


ソラチカカードを利用してマイルに交換


そこでソラチカカードの出番。ソラチカカードを利用してメトロポイントからANAマイルに交換すると、100円相当のポイントがANA90マイルとなり、Tポイント・nanacoポイント経由に比べて実に80%ものマイルアップができるのです。

ソラチカルートと呼ばれるこの交換方法はANA陸マイラーの中ではほぼ常識と言えるでしょう。今後ソラチカカードの交換ルール変更が無ければ、の話ですが。


ソラチカカードを利用した交換ルート&レートについてはこちらのページで紹介していますので、参照してください。



ANA




ポイントサイトからソラチカカードが消えた?


2013年、2014年はソラチカカード作成にもってこいの年でした。ポイントサイトでは頻繁にポイントアップキャンペーンを実施しており、ソラチカカード申し込みでANA5,000マイル、6,000マイル相当のポイントがもらえたのです。つまりソラチカカード発行元のJCBが会員獲得に積極的だったということです。



ハピタス広告

ハピタス広告

ハピタス

モッピー

ハピタス広告

なんとMAX1万円相当のポイント(ANA9,000マイル相当)でした!


※いずれも終了したキャンペーンです。



しかし2015年10月ごろより、こういったポイントアップキャンペーンはおろか、ソラチカカードの広告そのものがポイントサイトから消えています。JCBでは会員獲得に積極的に動く理由がなくなったようです。ソラチカカード会員数は十分集まった、ということでしょう。

陸マイラーブログでもソラチカカードを頻繁に宣伝してくれるものですから、無理に広告を打たなくてもソラチカカード入会者はコンスタントに発生しているのかもしれません。






ソラチカカード発行でポイントの貯まるポイントサイトは?


2017年9月現在、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)申し込みでポイントの貯まるサイトはありません。見つからないだけかもしれませんが、見つかりません。

残念ながら一歩出遅れてしまったようです。

仕方がありませんから、ソラチカカードは普通にJCBのサイトから発行して、他のクレジットカードをポイントサイト経由で申し込み、ポイントを貯めるのがいいでしょう。


クレジットカードの申し込みには”旬”があります。

旬のカードは申し込みでもらえるポイントが非常に高く、カードそのもののキャンペーンも手厚いのが特長です。そういったカードを選んでポイントを貯めて、ソラチカルートでANAマイルに交換するのがいいですね。














  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニ別徹底解説!コンビニでANA・JALマイルを貯める方法


コンビニはマイルの宝庫


陸マイラーは、コンビニで買い物をするときもマイルを貯める方策を実行する必要があります。なぜならコンビニはマイルの宝庫。埋もれている宝の山を前にして、見過ごすことはできません。この記事ではコンビニ別マイルの貯め方、伝授しちゃいます。


コンビニでマイルを貯めるために必要な3つのアイテム


コンビニでマイルを貯めるために必要なアイテムは以下の3つ。もちろん、コンビニごとに異なるアイテムをそろえる必要があります。

貯めたいマイルと良く行くコンビニの組み合わせで利用するアイテムが決まります。さらに、コンビニごとにANAマイル、JALマイルとの相性があります。貯めたいマイルを優先するか、良く行くコンビニを優先するかはあなたの戦略次第です。

  1. クレジットカード

  2. ポイントカード

  3. 電子マネー


これらのアイテムを駆使して、しっかりとコンビニでマイルを貯めましょう。



セブンイレブン


コンビニ業界最大手、セブンイレブン。セブンイレブンで貯まるマイルはANAマイルです。


  • ANAカードで貯める

  • セブンイレブンはANAカードマイルプラス加盟店です。ANAカードで精算すると、通常100円=1マイルのカードポイントで貯まるマイルに加えて、200円ごとに1マイルが貯まります。


    1,000円の商品を購入すると、クレジットカードのポイント10マイルと、ANAカードマイルプラスの5マイルの合計15マイルが貯まります。


    コンビニ業界でANAカードマイルプラス加盟店は、セブンイレブンの他にもココストアイーストがあります。コンビニの巨人、セブンイレブンと比べるとあまりにも店舗数が少なく、私は見たことがありません(検索して大阪にも店舗があることを初めて知りました)。愛知県や茨城県に店舗が多いコンビニのようです。普段利用される方はANAカードでの支払いがお得です。



  • nanacoポイントで貯める

  • 電子マネーnanacoで支払いをすると、100円ごとにnanacoポイントが1ポイント加算されます。nanacoポイントは2ポイント=ANA1マイルのレートでANAマイルに交換できるので、1,000円の商品を購入すると、nanaco10ポイント=ANA5マイルが貯まります。


  • nanacoボーナスポイントで貯める

セブンイレブンでは対象商品を電子マネーnanacoを利用して購入するとボーナスポイントが貯まる、nanacoボーナスポイントキャンペーンを実施しています。

例えば、購入した100円の缶コーヒーに10ボーナスポイントが付いている場合、ボーナスポイント分がnanacoポイントに付与されます。ボーナスポイントもANAマイルに交換できるので、100円で5ANAマイル貯めたことになります。






ローソン


青い看板が目印のローソンで貯まるマイルは赤いJALマイルです。コンビニ業界第2位のローソンですはPontaポイント中心企業。Pontaポイントは”お試し引換券”で利用するのがお得、という話も多いですが、陸マイラーはマイルを貯めてなんぼ。


  • JMBローソンPontaカードVisaで貯める

  • JMBローソンPontaカードVisaは名前のとおり、JALマイルとローソンとPontaが提携したクレジットカード。年会費は無料です。

    このカードの特長は、ローソンでの支払いで100円=2Pontaポイントが貯まること。Pontaポイントは2ポイント=1JALマイルに交換できるので、1,000円の買い物で10JALマイルが貯まります。


  • Pontaポイントで貯める

  • 支払い方法を問わず、Pontaカードを提示するとPontaポイントが貯まります。Pontaポイントは100円ごとに1ポイント付与されるので、1,000円の買い物で10Pontaポイント=5JALマイル貯まります。

    JMBローソンPontaカードVisaには、Ponta機能もついているのでカードを提示してカード払いすると、1,000円の買い物で15JALマイルが貯まります。


  • Pontaボーナスポイントで貯める

  • ローソンでは対象商品を購入し、Pontaカードを提示するとボーナスポイントが貯まる、Pontaボーナスポイントキャンペーンを実施しています。

    例えば、購入した100円の缶コーヒーに10ボーナスポイントが付いている場合、ボーナスポイント分がPontaポイントに付与されます。このPontaボーナスポイントもJALマイルに交換できるので、100円で5ANAマイル貯まる計算になります。


  • WAONで貯める

2015年12月、イオンの電子マネーWAONとローソンが提携。全国のローソンでWAONを利用できるようになりました。JMB WAONで支払うと、200円ごとに1JALマイルが貯まります。

ローソンでWAONを利用する際に、Pontaポイントをあわせて提示すればPontaポイントも貯まります。WAONへJALカードでチャージしてマイル、WAONを利用してマイル、Pontaポイントを貯めてJALマイルに交換、のマイル三重取りができます。

この場合、1,000円で10+5+5=20マイル貯まり、陸マイラーとしてはコンビニ最強となる組み合わせです。






ファミリーマート


緑は中立?緑色が基調のコンビニ、ファミリーマートではANAマイルJALマイルともに貯まります。コンビニ業界3強の一角ですが、セブンイレブン、ローソンに比べるとちょっと差があります。Tポイント付与率が下がってしまったのが残念。


  • JALカードで貯める

  • ファミリーマートはJALカード特約店です。ファミリーマートでの購入にJALカードを利用すると、ショッピングマイル・プレミアムに入会している場合は100円=2マイルが、入会していない場合は200円=2マイルが貯まります。


  • WAONで貯める

  • ファミリーマートはWAON特約店です。ファミリーマートでの購入に電子マネーWAON(JMB提携タイプ)を利用すると、200円=2マイル貯まります。電子マネーWAONはチャージの際にJALカード(VISA、Master、JCBのいずれか)を利用すると、ショッピングマイル・プレミアムに入会している場合はさらに100円=1マイルが貯まります(未入会の場合は200円=1マイル)。


    JALカードで支払うと1,000円で20JALマイルが貯まり、JALカードでチャージしたJMB WAONで支払っても1,000円で10+10=20マイル貯まります。

    ローソンでJMB WAONを利用する場合と同等にマイルが貯まるで、ファミマもJALマイラー向けであります。



  • Tポイントで貯める

  • ファミリーマートではTポイントカードを提示するとTポイントが貯まります。購入金額200円=1ポイントを加算。Tポイントは2ポイント=ANA1マイルのレートで交換できるので、1,000円の商品を購入すると、Tポイント5ポイント=ANA2.5マイルが貯まります。


  • Tポイントプラスキャンペーンで貯める

ファミリーマートでは対象商品を購入した際にTカードを提示するとボーナスポイントが貯まる、Tポイントプラスキャンペーンを実施しています。

例えば、購入した100円の缶コーヒーに10ボーナスポイントが付いている場合、ボーナスポイント分がTポイントに付与されます。ボーナスポイントもANAマイルに交換できるので、100円で5ANAマイル貯まる計算になります。



サークルKサンクス


サークルKサンクスもRポイントサービスを終了し、Tポイントへ移行することが決まりました。

サークルKサンクスはファミリーマートと合併、店舗を”ファミマ”に順次改装しています。改装前のサークルKサンクスではそのままRポイントを利用できるのかと思いましたが、先にTポイントへ統合するようです。


今後Rポイントを利用できるコンビニは、一部地方で展開する「ポプラ」のみで利用できるだけになります。楽天スーパーポイントの期間限定ポイントをサークルKサンクスで利用する裏技(?)も使えなくなりますね。最近はひとつのポイントサービスだけではなく、複数のポイントサービスを利用できるチェーン店が増えています(マクドナルドなど)。コンビニ業界もひとつのポイントサービスに限定せず、来店者が好きなポイントを貯めて、利用できる時代になっていくのでしょうか。



今後、サークルKサンクスでもファミリーマート同様に、Tポイントを貯めてANAマイルに移行できるようになります。




ミニストップ


ミニストップはイオン系列のコンビニ。電子マネーWAONが利用できます。ミニストップでJMB WAONを利用すると通常通り200円ごとに1マイルが貯まります。イオンのようにWAONポイント5倍キャンペーンは無いので残念です。

また、WAONボーナスポイント商品を購入しても、イオンのようにJALマイルは貯まりません。

JALカードからのチャージ1,000円で10マイル、1,000円の支払いで5マイルの合計15マイルが貯まります。



飛行機雲




さて、コンビニには他にも種類がありますが、大手コンビニとなるとこの辺りかなと思います。すっかり身近な存在となったコンビニ。スーパーより割高なのは否めませんが、ちょっとしたものを購入したいときに、ふらっと立ち寄れるコンビニはとっても便利ですよね。

最近は駅売店がリニューアルし、コンビニ店舗になっているケースも多く見受けられます。しかし店舗数自体は飽和状態ですし、撤退して空き店舗となったコンビニ跡地もちらほら。便利だったコンビニが無くなってショック、なんてこと、私も経験したことがあります。

陸マイラーにとって生活面からもマイル面からも欠かせない存在のコンビニ。コンビニをうまく利用して特典航空券への道を突き進みましょう。




コンビニで貯めたポイントをマイルに交換する交換ルートはこちら




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソラチカルート終了後は【三井住友ルート】でANAマイルに交換


陸マイラーのマイル源はポイントサイト。ポイントサイトで貯めたポイントを非常に効率よくマイルに交換できるソラチカルートは陸マイラーの歴史上かつてない利益を私たちにもたらしてくれています。





陸マイラーの歴史は制度改悪の歴史でもあり、ソラチカルートがいつ終了となるかはソラチカカード(ANA to Me CARD PASMO JCBカード)を発行しているJCB次第。はい、終了となれば私たち陸マイラーに抗う術はありません。

陸マイラーが取れる行動は、ソラチカルートの終了に備え、次なる交換ルートを見極めておくこと。幸い、ソラチカルートよりもかなり交換レートは落ちますが、Tポイントルートよりも交換レートの良いルートが存在します。



PeXからワールドプレゼントポイントへの交換開始


2017年6月より、三井住友VISAカードのポイントである「ワールドプレゼントポイント」とポイント交換サイトPeXの「PeXポイント」の相互交換ができるようになります(ワールドプレゼントポイント → PeX の交換は2017年4月から開始)。

これにより、今まではPeXからワールドプレゼントポイントへ交換するには3ステップ必要でしたが、1ステップとなり、さらに交換レートも改善します。


現在のPeXからワールドプレゼントポイントへの交換ルートはこちら。

ANAマイル交換ルート 三井住友VISA

PeXからは通販サイトCecileのポイントを経由してGポイントへ交換、さらにワールドプレゼントポイントへ交換するという手順が必要でした。さらにCecileからGポイントへ交換すると、約5%分のポイントが減るというデメリットも存在します。



今回PeXからワールドプレゼントポイントへの直接交換が開始となると、交換ルートはこのようになります。

ポイントサイトからANAマイルへの交換ルート


Cecile、Gポイントを経由しなくてよくなり、ポイントが目減りすることが無くなります。さらに手間も少なくなり、交換に要する時間短縮も期待できます。


ANAマイル交換ルート、三井住友ルート


三井住友ルートを利用するには、三井住友カードが必要です。みなさんがお持ちであろう、ANA VISAカードやANA VISA Suicaカードも三井住友カードが発行しており、ワールドプレゼントポイントが貯まるカードなので、三井住友ルートを利用できます。

ワールドプレゼントポイントが貯まらず、独自ポイントが直接貯まるカードは利用できない可能性があるので注意してください。


ワールドプレゼントポイントからANAマイルへの交換は1ポイント=3マイルのレートが適応されます。ANA VISAカードを所持していても、1ポイント=10マイルのレートでは交換できません。他のポイントから交換したワールドプレゼントポイントは、ボーナスポイントと同じ扱いになり1ポイント=3マイルのレートでしか交換できません。


PeXに交換できるポイントサイトのポイントを三井住友ルートでANAマイルに交換すると、どれだけのマイルになるのでしょうか?ハピタスで考えてみます。


ハピタス 1,000ポイント → PeX 10,000ポイント → ワールドプレゼント 200ポイント(交換手数料が必要な可能性があります) → ANA 600マイル

ソラチカルートであればANA 900マイルになりますが、三井住友ルートではANA 600マイルになりました。しかしTポイントを経由してANAマイルに交換した場合はANA 500マイルですので、Tポイントルートよりも20%アップする計算です。



突然のソラチカルート終了に備える


ソラチカルートを利用してのANAマイル交換が終了することは無いと考えています。ただし交換レートが下がる可能性は十分にあります。現在のメトロポイント 10ポイント → ANA 9マイルから、ANA 6マイル、ANA 5マイルに低下するかもしれません。

ANA 6マイルであれば、今回ご紹介した三井住友ルートと同じレートですのでそのままソラチカルートを利用すればいいと思います。しかしANA 5マイルまで低下した場合は、三井住友ルートの方が有利になります。

交換レート低下に対する備えとしてできることはなんでしょうか?


  • メトロポイントを貯めすぎない

メトロポイントに交換してしまうと、そのままソラチカルートでANAマイルに交換するしかありません。メトロポイントには次月交換するだけのポイントを貯めておくだけに留める方が賢明です。


  • ドットマネーに貯めすぎない

ドットマネーから三井住友ルートは利用できません。Tポイントに交換できるので、Tポイントルートを利用してANAマイルにすることはできますから、出口が無くなるわけではありませんが、三井住友ルートの方が交換レートがよくなった場合は、ちょっと損した気分になります。


まとめ


備えあれば患いなし。

長く陸マイラーをしていると、いつ改悪されるかと考えながら行動している面があります。ソラチカルートからANAマイラーデビューされた方はその耐性ができていないかと思います。

ダメになっても次があるさ、一時的なボーナスがもらえてハッピー、ぐらいに考えられるようにしたいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイマイル!百貨店ギフトカード購入で100円=5マイル獲得


バイマイルとは


バイ(buy)=購入ですから、マイルを購入するという意味で使います。

普通はマイルは購入するものではありませんし、一部オークションを除いては販売されていません。しかし何か別の商品を購入することでクレジットカードやポイントサイトのポイントが貯まり、実質的に商品とともにマイルを購入する行為を「バイマイル」と呼んでいます。陸マイラーにとっては商品は二の次で、貯まるマイルの方が重要だったりする、本末転倒な事態も発生します。


例えば、100%還元商品の購入。

ポイントサイトを経由して商品を購入すると(化粧品や健康食品が多いですね)、商品代金の100%がポイントとして還元されるのですが、通常はポイントを換金して商品購入代金に充てるので、商品を実質無料で購入したことになります。しかし陸マイラーはポイントをマイルに交換してしまうので、商品代金を払って、商品とマイルを受け取ることになります。つまり、マイルを購入しているような形になるのです。


百貨店ギフトカードとは


アメリカン・エキスプレスが発行するカード型のギフト券です。

百貨店の商品券というと、緑色の百貨店名がプリントされたお札ぐらいの大きさの紙幣様のものを思い浮かべますが、百貨店ギフトカードはQUOカードのような形をしています。

百貨店ギフトカード


百貨店ギフトカード購入キャンペーン


5月10日までの期間中、アメックスカード支払いで百貨店ギフトカードを購入すると、100円ごとに5ポイント(通常ポイント1ポイント+ボーナスポイント4ポイント)が貯まるキャンペーンを実施しています。

百貨店ギフトカードの券種は6種類。3,000円から50,000円まであります。

百貨店ギフトカード


百貨店ギフトカードの購入は10枚ごとに送料690円がかかります。このあたりも考慮しながら、マイルがどれだけ貯まるのかシミュレーションしてみましょう。


百貨店ギフトカードの購入でマイルを貯める


アメリカン・エキスプレスカードの利用で貯まるマイルは100円ごとに5ポイント(マイル)です。アメックスのポイントは基本的に1ポイント=1マイルに交換できます。

販売価格を考えると、WEBサイト特別優待価格が設定されている10,000円券以上の購入が絶対です。10,000円未満の券種では販売価格に手数料が上乗せされてしまいます。

百貨店ギフトカードの購入は30日間で50万円まで購入できます。それ以上の購入は次の月(30日後)にならないとできません。では最大限購入したとして、50万円(5万円券×10枚)購入した場合をみてみましょう。


50万円分の購入で貯まるポイントは5ポイント×50万円/100円=25,000ポイントです。必要なコストは50万円に加えて送料の690円ですが、50万円は百貨店で商品を購入できるので無視できるとすると、690円で25,000マイルを購入できることになります。

1マイルあたりのコストは、0.0276円。すごいですね。


問題は50万円の出口


問題は、百貨店ギフトカードを50万円分購入して、果たしてそれだけ利用するのか?ということです。

金券ショップで買い取ってもらうのはどうでしょう?しかしネットで調べた範囲ですが、金券ショップでの百貨店ギフトカードの買い取り価格は93%。

百貨店ギフトカードの買い取り

紙の全国共通商品券に比べてかなり低い価格となっています。これは百貨店ギフトカードの認知度が低く、高い金額で販売できないことが理由にあるようです。


ということは、百貨店で買い物をするときは、金券ショップで百貨店ギフトカードを購入して支払いに充てるとお得、ということですね。マイルは貯まりませんが。でも同じ金券ショップで購入しようと調べてみましたが、売り切れ中で購入できませんでした。



百貨店でクレジットカードを利用して貯まるマイルはいくら?


百貨店で商品購入にANAカードやJALカードを利用した場合に貯まるマイルはどれくらいでしょうか?

50万円の商品購入で貯まるマイルは100円=1マイルと計算すると5,000マイルです。ただしANAカードマイルプラスのお店やJALカード特約店ではさらにマイルが貯まります。100円=1マイルまたは200円=1マイルが加算され、さらに2,500~5,000マイルは貯まる計算です。

それでも百貨店ギフトカード購入で貯まる25,000マイルの方がお得ですね。



まとめ


・百貨店で今後50万円の商品を購入する予定のある方は利用する価値のあるキャンペーンです。

・SPGアメックスを利用しても100円=5ポイント貯まるので、様々な航空会社のマイルを貯めることができます。


キャンペーン詳細ページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も延長決定!「JMB WAON カードチャージボーナスマイル」は2018年3月末まで。


JMB WAON カードチャージボーナスマイル


電子マネーWAONはJALマイレージバンクと連携した「JMB WAON」を利用すると、200円の決済ごとに1JALマイルが貯まります。

イオンを中心とした店舗で利用可能ですが、2015年はローソンでもWAON決済が導入されるなど、利用可能な店舗は増加傾向。


通常期間は200円ごとに1JALマイルが貯まりますが、イオンで毎月10日の”ありが10デー”ではWAONを利用してお買い物をすると貯まるポイント・マイルが5倍になります。WAON利用金額200円ごとに5マイル、1000円なら25マイルが貯まる、JALマイラー必携の電子マネーです。



さらにチャージでもJALマイルを貯めることができます。

VISA・Master(Top & ClubQブランドも含む)、JCBブランドのJALカードでチャージをすれば、ショッピングマイル・プレミアム加入時は100円ごとにJAL1マイル、未加入時は200円ごとにJAL1マイルが貯まります。

WAONチャージ時に貯まるマイルとWAON利用時に貯まるマイルを合わせて計算すると、1000円で最大35マイル、還元率3.5%という、イオンに足を向けて眠れない状況が生まれるのです。



でもWAONクレジットかカードチャージでマイルが貯まるのは、実はキャンペーンなんです。



2018年3月31日まで延長。JMB WAON カードチャージボーナスマイル



毎年、2月、3月になると気をもむのが、このクレジットカードチャージが延長されるかどうか。

1年ごとに延長を繰り返し、もう何年続いているのか分からなくなりましたが、ある年は3月31日直前まで延長が発表されず、ひやひやしました。でも今年も大丈夫。1ヶ月を切らないうちにひっそりと延長が決定されていました。

JMB WAON




これで、2018年3月末まではWAONチャージを繰り返し、JALマイルを貯めることができます。現在のところ、キャンペーンなのに恒久的というおかしな状況になっています。JALカード側の意向でいつ終わるかとヒヤヒヤものであります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © マイレージブログ・たくあんマイル弁当 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます