カテゴリ:ポイントサイト2017

ポイントサイト2017のカテゴリ記事一覧。ANA・JAL・シンガポール航空のマイルを貯める、つかう!陸マイラーブログ

2017-05-20ポイントサイト2017
電子書籍は慣れるととても便利です。私の感じる電子書籍のメリット、デメリットをご紹介すると、・電子書籍のメリット本の収納スペースが不要スマホやタブレットを持っていくだけ、持ち運びが簡単隙間時間にさっと読める紙の書籍よりも安いことが多い・電子書籍のデメリット読みかけの本の存在を忘れやすい家族や友人に貸してあげられない不要になっても売れない家族はタブレットごと渡せば読んでもらえますし、どんな電子書籍サー...

記事を読む

2017-05-01ポイントサイト2017
ANA To Me CARD PASMO JCB(通称:ソラチカカード)申し込み、発行でポイントサイトのポイントを貯めたい!と思って調べてみたけど、どこのポイントサイトにもソラチカカードの広告が掲載されていなくてお困りですか?ANA陸マイラー必須のクレジットカード・ソラチカカードソラチカカードとは?通称ソラチカカード、「ANA To Me CARD PASMO JCB」はANA陸マイラーにとって欠かせないカードです。ポイントサイトを利用してマイルを貯...

記事を読む

2017-03-31ポイントサイト2017
ドットマネーはANAマイルにも、JALマイルにも効率よりポイント交換できる優秀なサイトです。ただ難点はポイントの有効期限の短さ。通常ポイントは半年後に期限切れを迎え、ボーナスポイントは付与されたその月末に有効期限が切れるという短さです。そのため、有効期限切れするポイントは無いのか、常に監視しながら交換スケジュールを考えなければいけません。PeXやGポイントのようにポイントの加減算があれば有効期限が延長されれ...

記事を読む

2017-03-28ポイントサイト2017
ポイントサイト・モッピーは株式会社セレスが運営する、怪しくないポイントサイト。セレスはなんと東京証券取引所に上場してるんです。上場しているから安心とは言えませんが(オリンパスや東芝みたいなこともありますよね)、経営の裏付けが少ないポイントサイト業界で上場企業が運営しているなんて、これ以上贅沢は言えません。ポイントサイト・モッピーでポイントを貯めるモッピーではもっぱら、毎日のガチャガチャと、電子書籍...

記事を読む

2017-02-19ポイントサイト2017
購入を検討している商品があります。価格は7,000円ほど。Amazonと楽天市場とYahoo!ショッピングで検索してみたところ、いずれのショップでも購入可能、価格も全く一緒でした。ではどこで買うのが一番お得なのか真剣に悩んでみたお話です。どこで買っても価格は同じ。ポイント払いは可能?一番安いショップがあればそこで決まりなのですが、さすがにどこで購入しても価格は同じでした。価格面では横並びです。いずれのショップでも...

記事を読む

電子書籍でポイント・マイルを貯める。電子書籍サービスは使い分けが重要


電子書籍は慣れるととても便利です。私の感じる電子書籍のメリット、デメリットをご紹介すると、


・電子書籍のメリット

  • 本の収納スペースが不要

  • スマホやタブレットを持っていくだけ、持ち運びが簡単

  • 隙間時間にさっと読める

  • 紙の書籍よりも安いことが多い



・電子書籍のデメリット

  • 読みかけの本の存在を忘れやすい

  • 家族や友人に貸してあげられない

  • 不要になっても売れない



家族はタブレットごと渡せば読んでもらえますし、どんな電子書籍サービスでも複数の端末を登録できるので、家族の端末にも電子書籍リーダーをダウンロードすればデメリットのひとつは解決できます。


電子書籍サービスは乱立状態で、Amazon Kindleや楽天Koboをはじめ、さまざまな会社が競い合っています。その分、クーポンやポイントでお得に本やマンガを読めるということもあります。

陸マイラーであれば、電子書籍の購入でもマイルを貯めたいところ。陸マイラーでなくても、電子書籍をお得に購入したいですよね。そんなときは電子書籍の使い分けが一番。

複数の電子書籍サービスを利用すると、どのサービスでどの本を購入したのか分かりにくくなりますが、その程度のデメリットは気にせず一番お得なサービスを利用しちゃいましょう。



マイルを貯めるならハピタス堂書店 by eBookJapan


マンガ以外の電子書籍を購入してマイルを貯めたいなら、ハピタス堂書店が一押しです。ハピタス堂書店で電子書籍を購入すると、10%分のハピタスポイントが貯まります。期間限定のキャンペーンとしてポイントアップしていますが、ほぼ常時開催されていますので、今後も10%分のポイントが貯められるのではないかと期待しています。10%分のポイントは、ソラチカルート経由で交換すると9%分のANAマイルになります。JALマイルなら5%相当です。1,000円の電子書籍を購入すると、ANA90マイルまたはJAL50マイルが貯まります


ハピタス堂書店はeBookJapanにより運営されています。eBookJapanは他のポイントサイトとも提携しており、ちょびリッチの本屋さんやインカムBooks(ポイントインカム)もeBookJapanの運営です。

ハピタス堂書店で購入した電子書籍は、eBookJapanと共通のクラウド本棚を利用しています。ですから、他のポイントサイトの本屋さんで購入した電子書籍もひとつの本棚で管理ができると思います(試したことはありませんのでご確認ください)。



ハピタス堂書店を利用するには、ポイントサイト・ハピタスへの登録が必要です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス




マンガを購入するならモッピー経由でBooklive!がおすすめ


Booklive!はほぼマンガ、雑誌、写真集に特化した電子書籍ストアです。マンガそのものが安いわけではありませんが、クーポンが多く、Tポイントが貯まる・使えるのもポイントです。

例えばこの日のクーポンは、25%OFF!

Bookliveクーポン


毎日ガチャガチャでクーポンをゲットできるので、お目当てのクーポンが出たら購入する、という方法もあります。また週末には週末限定クーポンが配布されるので、それを狙う方法もあります。


Bookliveクーポン



Booklive!おすすめする理由はこれだけではありません。さらに20%分のポイントを貯めることができるのです。ポイントサイト・モッピーを経由してBooklive!で本を購入すると、購入金額の20%分のポイントが貯まります。ポイント分だけならハピタス堂書店をはるかに凌駕します。

モッピー

ただし、20%にアップするのは期間限定キャンペーン。いつ終了するか分かりませんが、半年以上続いています。


20%分のモッピーポイントは、ソラチカルートを経由すれば18%分のANAマイルに、JALマイルに交換しても10%分のマイルになります。1,000円のマンガを購入するとANA180マイル、またはJAL100マイルが貯まります。


モッピー!お金がたまるポイントサイト




Bookilive!に新規会員登録したら、友達招待コードを登録してください。新規会員登録から30日間、本の購入額20%分のBookLive!ポイントが貯まります。Booklive!ポイントは次に電子書籍を購入する際に1ポイント=1円として利用できます。Booklive!ポイント20%+モッピーポイント20%で合計40%分のポイントが貯まります。

私からの招待コードは「64822499」です。

招待コード入力は会員登録後のマイページからできます。

Booklive




マンガ以外の電子書籍を安く購入したいならhontoがおすすめ


マンガ以外の電子書籍でマイルを貯めたい場合はハピタス堂書店、マンガを購入するならBooklive!がお得ですが、マンガ以外の電子書籍を安く購入したいならhontoがおすすめです。

ハピタス堂書店ではポイントは貯まりますが、出費は減りません。hontoなら貯まるポイントは少なくなりますが、出費を減らすことができます。


hontoでは、定期的にクーポンが配られており、10%、20%といった高い割引率のクーポンもあります。ただし、1,000円以上購入する場合など条件が付きます。本の購入でhontoポイントも貯まり、次回の買い物に1ポイント=1円として割引に使えます。hontoポイント増量キャンペーンも定期的に行われています。


今回購入した電子書籍では、20%割引クーポンとhontoポイントでの割引を併用してみました。

honto

もともとは1,728円の支払いですが、20%割引クーポンで346円引き、hontoポイントを470ポイント使って470円引きの912円で購入できました。さらにhontoポイントが20倍のキャンペーン中だったので次回の値引きに使える156ポイントも獲得です。



hontoもポイントサイトを経由して買い物をすることでマイルになるポイントを貯められます。ポイント還元率で常時トップをいくのはポイントサイト・ハピタス。

どこ得


ハピタスを経由してhontoで買い物をすれば、電子書籍の場合は3%、紙の書籍の場合は2.2%分のハピタスポイントが貯まります。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

やっぱりハピタスはお得です。




電子書籍購入まとめ


電子書籍でマンガを読みたいなら、モッピー+Booklive!

マンガ以外の電子書籍でマイルを貯めたいなら、ハピタス堂書店

マンガ以外の電子書籍を安く購入したいならハピタス+honto


ちなみに、ハピタス堂書店とhontoでは紙の書籍も取り扱っています。


 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソラチカカード発行でポイント・マイルが貯まるポイントサイト【2017年5月】


ANA To Me CARD PASMO JCB(通称:ソラチカカード)申し込み、発行でポイントサイトのポイントを貯めたい!と思って調べてみたけど、どこのポイントサイトにもソラチカカードの広告が掲載されていなくてお困りですか?



ANA陸マイラー必須のクレジットカード・ソラチカカード


ソラチカカードとは?


通称ソラチカカード、「ANA To Me CARD PASMO JCB」はANA陸マイラーにとって欠かせないカードです。

ポイントサイトを利用してマイルを貯めることは陸マイラーには常識。そのポイントサイトで獲得したポイントを非常に効率よくANAマイルに交換できるカードがソラチカカードだからです。


ポイントをマイルに交換


通常、ポイントサイトで貯めたポイントはPeXやGポイントなどのポイント交換機能を持つサイトを経由してANAマイルに交換します。PeXやGポイントからTポイント、nanacoポイントを経由した場合、100円相当のポイントはANA50マイルになります。

なかには直接ANAマイルに交換できるポイントサイトもありますが、ほとんどはポイント数の1/3や1/4に減ってしまいますので直接交換することは陸マイラーなら避けるべきです。


ソラチカカードを利用してマイルに交換


そこでソラチカカードの出番。ソラチカカードを利用してメトロポイントからANAマイルに交換すると、100円相当のポイントがANA90マイルとなり、Tポイント・nanacoポイント経由に比べて実に80%ものマイルアップができるのです。

ソラチカルートと呼ばれるこの交換方法はANA陸マイラーの中ではほぼ常識と言えるでしょう。今後ソラチカカードの交換ルール変更が無ければ、の話ですが。


ソラチカカードを利用した交換ルート&レートについてはこちらのページで紹介していますので、参照してください。



ANA




ポイントサイトからソラチカカードが消えた?


2013年、2014年はソラチカカード作成にもってこいの年でした。ポイントサイトでは頻繁にポイントアップキャンペーンを実施しており、ソラチカカード申し込みでANA5,000マイル、6,000マイル相当のポイントがもらえたのです。つまりソラチカカード発行元のJCBが会員獲得に積極的だったということです。



ハピタス広告

ハピタス広告

ハピタス

モッピー

ハピタス広告

なんとMAX1万円相当のポイント(ANA9,000マイル相当)でした!


※いずれも終了したキャンペーンです。



しかし2015年10月ごろより、こういったポイントアップキャンペーンはおろか、ソラチカカードの広告そのものがポイントサイトから消えています。JCBでは会員獲得に積極的に動く理由がなくなったようです。ソラチカカード会員数は十分集まった、ということでしょう。

陸マイラーブログでもソラチカカードを頻繁に宣伝してくれるものですから、無理に広告を打たなくてもソラチカカード入会者はコンスタントに発生しているのかもしれません。






ソラチカカード発行でポイントの貯まるポイントサイトは?


2017年5月現在、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)申し込みでポイントの貯まるサイトはありません。見つからないだけかもしれませんが、見つかりません。

残念ながら一歩出遅れてしまったようです。

仕方がありませんから、ソラチカカードは普通にJCBのサイトから発行して、他のクレジットカードをポイントサイト経由で申し込み、ポイントを貯めるのがいいでしょう。


クレジットカードの申し込みには”旬”があります。

旬のカードは申し込みでもらえるポイントが非常に高く、カードそのもののキャンペーンも手厚いのが特長です。そういったカードを選んでポイントを貯めて、ソラチカルートでANAマイルに交換するのがいいですね。














  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドットマネーポイント救出大作戦!頼りになるのはちょびリッチです


ドットマネーはANAマイルにも、JALマイルにも効率よりポイント交換できる優秀なサイトです。ただ難点はポイントの有効期限の短さ。通常ポイントは半年後に期限切れを迎え、ボーナスポイントは付与されたその月末に有効期限が切れるという短さです。

そのため、有効期限切れするポイントは無いのか、常に監視しながら交換スケジュールを考えなければいけません。PeXやGポイントのようにポイントの加減算があれば有効期限が延長されればいいのですが、そこのところどうなん?


ドットマネー・ポイントの有効期限が迫る


ふと気が付くと3月も終わり。明日から新年度ですね。春から新たな気持ちで頑張ろう!という方も多いと思います。私の方は昨年の春に職場環境が大きく変わったのですが、次年度は特に変化なし。不測の事態は生じるかもしれませんが、それは世の常ですね。

春からもマイルを貯めていくためにも、少しのポイントも無駄にしたくはありません。ポイントサイトパトロールをしていると、ドットマネーに有効期限が迫るポイントを発見!201ポイントが無くなってしまう危機です。

先日、モッピーからドットマネーへポイント交換を行いましたが、ポイントが付与されるのは来月以降になります。このままでは201ポイントが露と消えてしまう!


ちょびリッチからドットマネーへのポイント交換は即時反映


ドットマネーはモッピー以外にも多くのサイトと提携しています。しかしポイントサイトへの不正アクセス、交換が相次いだ影響でポイント交換には数日開けるサイトが増えています。不正に交換されたことにユーザーが気づくための時間稼ぎが必要ですからね。

しかしポイント交換に数日かかってしまうと、私のドットマネーポイントは、、、とそのとき、救世主として現れたのがちょびリッチです。

ちょびリッチからドットマネーへのポイント交換はなぜか即時反映。よほど強固な提携をしているのでしょうか。それともちょびリッチには不正アクセスを完璧に防ぐ方策があるのでしょうか。いずれにせよ、ドットマネーのポイントが失われる前に、ちょびリッチからポイント応援をもらい、他のポイントへ移行させる必要があります。


ちょびリッチからドットマネーへポイント交換


ちょびリッチからドットマネーへのポイント交換手続きをしましょう。ちょびリッチにはクレジットカード発行案件で貯めたポイントがあります。援軍として十分です。しかもちょびリッチからドットマネーへポイント交換すると、1%ポイント増量です。これはラッキー。


ちょびリッチ



ちょびリッチからのポイント交換手続きを行います。いろいろと書いてありますが、ちょびリッチIDで交換もできるということはやはりドットマネーとの連携がかなり強いということでしょうか。交換単位は1,000ちょびリッチポイント=500ドットマネーです。ちょびリッチのポイントは2ポイント=1円相当なので等価交換です。


ちょびリッチ




ちょびリッチで一生懸命ためた41,000ちょびポイントを交換に出します。ポイント交換するときって、元のサイトのポイントが減ってしまうのが悲しいですよね。

ちょびリッチ




交換が完了するとすぐにドットマネー口座に反映されました。まさにリアルタイム交換。

ドットマネー



これで201円分のドットマネーポイントも救われるでしょう。さて、心機一転、またポチポチとちょびリッチのポイントを貯めていきましょう。



まとめ


ちょびリッチからドットマネーへのポイント交換はあっという間に反映されます。ドットマネーのポイントが期限切れでなくなりそうなときは、救世主となり得るので、ちょびリッチでしっかりとポイントを貯めておくといいですよ。


サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モッピーからドットマネーへのポイント交換で5%ボーナスもらえるので交換してみた


ポイントサイト・モッピーは株式会社セレスが運営する、怪しくないポイントサイト。セレスはなんと東京証券取引所に上場してるんです。上場しているから安心とは言えませんが(オリンパスや東芝みたいなこともありますよね)、経営の裏付けが少ないポイントサイト業界で上場企業が運営しているなんて、これ以上贅沢は言えません。


ポイントサイト・モッピーでポイントを貯める


モッピーではもっぱら、毎日のガチャガチャと、電子書籍ストアBooklibe!での購入でポイントを貯めてきました。コツコツ貯めるなんてバカバカしいとお思いの方もいらっしゃるかとは思いますが、目標も定めずにのんびり貯めていたら意外と貯まるものなんです。


ふと気が付くと、モッピーさんのサイト上部に「ANAマイルをお得に貯める方法」と書いてあるじゃないですか。直接交換でちょこっと増量されるのかな?と思ってクリックしてみると、ドットマネーへのポイント交換増量キャンペーンでした。


モッピーポイント交換




ポイントサイト・モッピーのポイントを交換する


なぜドットマネーへのポイント交換増量がANAマイルをお得に貯める方法なのかは、みなさんご存知のソラチカルートです。ドットマネーからメトロポイントへポイント交換して、さらにANAマイルに交換すると、他の交換方法に比べて多くのANAマイルが獲得できるんですね。


モッピーからnanacoポイントに交換して、ANAマイルに交換する方法だと1,000モッピーポイントはANA500マイルになりますが、ソラチカルートで交換すればANA900マイルになります。ソラチカルートで1か月に交換できるポイントは20,000ポイントまでという上限がありますが、同じANAマイルにするならお得な交換ルートで多くのマイルにしたいですよね。

というわけで5%増量に乗っかってみました。


モッピー




モッピーからのポイント交換手順


モッピーからポイント交換を行うにはまず携帯電話SMSを利用した本人認証が必要となります。


モッピー


会員登録時に登録した携帯電話番号を入力するとすぐにメールが送信されてきます。メールに記載された認証コードを入力すれば完了です。


モッピー



改めて、ドットマネーへのポイント交換申請を行います。ドットマネーへの交換は1ポイント=1マネーの等価交換。最低交換ポイントは500ポイント、交換手数料はかかりません。


モッピー



ドットマネー口座番号を入力。口座番号はドットマネー通帳ページで確認できます。

モッピー



さらにここでモッピーの秘密の質問に答えます。事前に登録した秘密の質問の答え、かなり前だったので危うく忘れかかっていました。

モッピー



申請内容を確認します。今回は6,800ポイントを交換します。交換するポイント数は、500ポイント以上なら何ポイントでもよいようです。

モッピー




しかしここでもポイント交換は完了しません。さらにもう一度本人認証。登録したメールアドレスにURL付メールが送信されるので、そのURLをクリック。

モッピー



ようやくポイント交換が完了しました。何重にも本人確認、認証を繰り返すモッピーは煩わしくもありますが、不正交換を防ぐという点ではとても安心できるものではないでしょうか。

モッピー



まとめ


モッピーからドットマネーへの交換は1週間ほどかかります。気長く待ちたいところですが、ドットマネーでは有効期限切れ迫るポイントが待っているんですよね。ドットマネーのポイント有効期限の短さだけは何とかなりませんかね。


 ※3月24日に交換申請を行い、3月31日に交換完了しました。



モッピー!お金がたまるポイントサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonか楽天かYahoo!のどこで買い物をすればいいのか真剣に悩む


購入を検討している商品があります。価格は7,000円ほど。Amazonと楽天市場とYahoo!ショッピングで検索してみたところ、いずれのショップでも購入可能、価格も全く一緒でした。ではどこで買うのが一番お得なのか真剣に悩んでみたお話です。


買い物に悩む



どこで買っても価格は同じ。ポイント払いは可能?


一番安いショップがあればそこで決まりなのですが、さすがにどこで購入しても価格は同じでした。価格面では横並びです。いずれのショップでもポイントでの購入ができます。AmazonではAmazonギフト券、楽天市場では楽天スーパーポイント、Yahoo!ショッピングではTポイントが利用できますが、いずれのショップでも購入可能な額のポイントを所有しています。陸マイラーはポイントを貯めるのが大好きなので、いつの間にかポイントを貯め込んでしまう体質というか習性が出来あがっているんですね。

ポイントの内訳をみてみると、ちょっと事情は変わってきます。Amazonギフト券は有効期限が2018年1月、まだ1年ほど有効期限があります。Tポイントは全て通常ポイントなので、Tポイントの増減がある限りは有効期限が切れることはありません。楽天スーパーポイントは楽天ブラックカード発行でもらった3月31日が有効期限の期間限定ポイントが13,000ポイントあります。有効期限は楽天スーパーポイントが一番短い。楽天スーパーポイントは楽天ふるさと納税で利用するつもりがあるので、有効期限切れを起こすことはありません。Amazonギフト券は今回の買い物以外で利用する予定が取りあえず無いのですが、1年間あれば欲しい商品はまた出てきます。ふーむ。


購入でポイントはどれだけ貯まるの?


Amazonは今回の買い物ではポイントは貯まりません。楽天市場は最安値のショップがポイント10倍キャンペーンを実施中!おっとこれは一気に有利になりそう。しかも楽天ブラックカードを所有しているのでなんだかんだで期間限定ポイントが付きます。総合計で15倍分のポイントが貯まるという計算が提示されました。あ、でもポイント全額払いを選択すると11倍に減額されました。楽天カードを支払いに利用しないからですね。一部支払いが発生するようにポイント利用額を調整してみましたが、やはり11倍のまま。この辺りの計算は難しいですね。Yahoo!ショッピングもポイント10倍キャンペーンを実施しています!あ、良く見ると同じショップが楽天とYahoo!の両方に出店しているんですね。Yahoo!ショッピングはポイント10倍に加えてソフトバンクのスマホユーザー向けのポイント10倍キャンペーンも適応されてポイント20倍になります!ここまでで最大のポイント還元ですね。しかもユーザー限定の300円OFFクーポンがもらえました。これはラッキー。300円OFFクーポンを適用すると当然支払額は最安値に。さらにポイント全額払いにしてももらえるポイントは変わらず20倍!Yahoo!ショッピング最強?ソフトバンクスマホユーザーキャンペーンの10倍は期間固定ポイントなので、どこかでまた利用しなければいけないので、出口戦略が必要です。ふーむ。


マイルは貯まるのか、マイルは?


陸マイラーたるもの、ここは最重要チェックポイントでしょう。今回の買い物で果たしてマイルはどれだけ貯まるのか?Amazonはポイントサイトに広告が無いので、JALマイレージモールの利用しかマイルを貯める術はありません。200円で1マイル貯まるので、マイル還元率は0.5%。楽天市場は楽天スーパーポイントをANAマイルに交換できます。10倍分のポイントをANAマイルに交換すると半分のマイルになるので、マイル還元率は5%。ポイントサイトを経由して楽天市場でお買い物をすると1%分のポイントが貯まります。ソラチカルートでANAマイルに交換すればマイル還元率は0.9%。合計するとマイル還元率は5.9%。Yahoo!ショッピングの場合はTポイントをANAマイルに交換できます。こちらもANAマイルに交換すると半分になるのでマイル還元率は5%。ポイントサイトはちょっと様相が変わって、CLUB Panasonicコインを経由すると3.5%分のポイントが貯まります。このポイントもソラチカルートに乗せられるのでANAマイル還元率は3.15%。合計するとANAマイル還元率は8.15%。お、やっぱりYahoo!ショッピング最強?最強じゃない?


こんなに悩んで買い物するのは陸マイラーだけ?


陸マイラー以外の方には一体何を言ってるんだこの人は?となってしまうと思いますが、こんなくだらないことで悩むのも実は楽しいんですよね。わずか数%の差ですから、実際に計算したら大したことはありません。でもそのちょっとの差でも、少しでもお得な方!を選びたいんです。陸マイラーの悲しき習性でしょうか。

えーと、結局私はどうすればいいんでしょうね?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © マイレージブログ・たくあんマイル弁当 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます