インターネットバンキングで起きている不正送金事件。
インターネットバンキングのサイトにアクセスすると、
IDやパスワードを入力させる画面になり、入力すると
ID・パスワードを盗まれてしまうというもの。

フィッシングサイトに誘導されて盗まれるわけでは
無いようですので、気が付きにくく巧妙なようです。
インターネットバンキングのサイトにウイルスが
仕組まれているということなんでしょうか?

クレジットカードのDCカードからも重要なお知らせ
というタイトルでメールが届きました。

ログイン後に表示される不審な画面にご注意ください。

弊社カード会員様向けのWEBサービスにおいて、ログイン後に「秘密の質問」と
称し、お客様の情報を入力させる偽画面が表示される事案が発生しています。

弊社ではログイン後に、お名前やカード番号等お客様の個人情報や上記
「秘密の質問」を入力いただくことはありません。
悪用されるおそれがありますので、絶対に入力しないでください。



我が家のJALカードはDCカードのVISAブランド。
早速ログインしてみましたが、そういった表示はされませんでした。

今後は公式サイトにログインしているつもりでも、注意する必要があるようです。



 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加