• ホーム
  • »
  • 2013年欧州マイルの旅 総集編

カテゴリ:2013年欧州マイルの旅 総集編

2013年欧州マイルの旅 総集編のカテゴリ記事一覧。ANA・JAL・シンガポール航空のマイルを貯める、つかう!陸マイラーブログ

2014-08-012013年欧州マイルの旅 総集編
フランクフルト国際空港ドイツの玄関口、フランクフルト国際空港。ここから帰国の途につきます。おらが空港、というわけでしょうか、ルフトハンザのロゴがでかでかと。成田空港にも、ANAやJALのロゴ、貼りますか?きっとルフトハンザが相当、空港へ出資しているんでしょうね。帰国便 LH740便帰国便もボーイング747-400型機。シートはライフラット型です。行きと異なるのは、機内でWiFiが利用できるという点。使わなかったですけど...

記事を読む

2014-07-312013年欧州マイルの旅 総集編
フランクフルト国際空港ルフトハンザ・ドイツ航空のハブ空港、フランクフルト国際空港。近代的な建物、華美な装飾は無く、ドイツらしい質実な感じです。本来ならちょっと探検してもいいのですが、今回はビジネスクラス利用のため、ラウンジが使用できます。空港探検はまたの機会にして、ラウンジ探検です。ビジネスラウンジ搭乗口へ行く途中にあるこちらのラウンジ。大変分かりやすい位置にあります。Senatorとは、上級会員用のラ...

記事を読む

2013-08-062013年欧州マイルの旅 総集編
時代はサインレス今回、約20年振りに訪れたヨーロッパ。フランスとスイスだけではありますが、おそらくヨーロッパ全体として、こうなっているのでは?と気づいたことを。レストランにスーパー、みやげもの店、果ては地下鉄のキップの購入まで、ありとあらゆるところでクレジットカードを利用しましたが、一度も、そうただの一度もサインをしなかったのです。日本てカードを利用すれば、ほぼ間違いなくサインを求められます。あるい...

記事を読む

フランクフルト-関西空港 帰国編

フランクフルト国際空港


ドイツの玄関口、フランクフルト国際空港。

ここから帰国の途につきます。

ルフトハンザ・ドイツ航空

おらが空港、というわけでしょうか、ルフトハンザのロゴがでかでかと。

ルフトハンザ・ドイツ航空

成田空港にも、ANAやJALのロゴ、貼りますか?
きっとルフトハンザが相当、空港へ出資しているんでしょうね。


帰国便 LH740便


帰国便もボーイング747-400型機。

シートはライフラット型です。

行きと異なるのは、機内でWiFiが利用できるという点。

ルフトハンザ・ドイツ航空

使わなかったですけどね。



ルフトハンザ・ドイツ航空

お楽しみの食事です。
まずは前菜。


ルフトハンザ・ドイツ航空

メインは魚料理を。



ルフトハンザ・ドイツ航空

そうそう、これ、一度やってみたかったんです。

往路は窓際を子どもに取られていたので、断念しましたが、復路は夫婦で並んで座ったので実現しました。

結構揺れが強かったので、グラスの中もおっとっと。


ルフトハンザ・ドイツ航空

食後のデザートはケーキとフルーツ。

往路と同じく、ふたつ頼んじゃいました。

もう1品はチーズ。

日本人的にはチーズはデザートじゃないです。



ルフトハンザ・ドイツ航空

脚を伸ばして休んだら、朝食です。

今回、初めてビジネスクラスでヨーロッパへ飛びましたが、本当に楽ですね。

10時間以上のフライトも苦になりません。

あのエコノミーでの苦痛はなんだったのか?

マイルを貯めていて、本当に良かったと思った旅行でした。



またマイルを貯めよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランクフルト国際空港 ビジネスラウンジ

フランクフルト国際空港


ルフトハンザ・ドイツ航空のハブ空港、フランクフルト国際空港。

近代的な建物、華美な装飾は無く、ドイツらしい質実な感じです。

フランクフルト国際空港

本来ならちょっと探検してもいいのですが、今回はビジネスクラス利用のため、ラウンジが使用できます。

空港探検はまたの機会にして、ラウンジ探検です。


ビジネスラウンジ


搭乗口へ行く途中にあるこちらのラウンジ。

大変分かりやすい位置にあります。

フランクフルト国際空港

Senatorとは、上級会員用のラウンジ。

スターアライアンス・ゴールド会員等が利用できますが、ビジネスクラス利用者は利用できません。




フランクフルト国際空港

中は広々。

さすがにかなりの乗客がいますが、それでもまだ余裕があります。


フランクフルト国際空港

ソファ席は埋まっていましたが、カウンター席は空いていました。


フランクフルト国際空港

水、紅茶、コーヒー。

当然飲み放題。



フランクフルト国際空港

スイーツや、

フランクフルト国際空港

ミールもありましたが、さっきまで機内で食べていたので、パス。

ちょっと残念。


フランクフルト国際空港

ビールサーバーがあったので、こちらはしっかりといただきました。

うん、おいしい。

ドイツワインもそろっています。


フランクフルト国際空港

携帯電話の利用はこちらで。


フランクフルト国際空港

この椅子が超気持ちいい!

耳元でしか聞こえない程度の音楽が流れて、ゆらゆらと揺れるんです。

つい、うとうとしてしまいます。

なんと、Panasonic製!


このほかにもシャワーブースがありますが、当然順番待ち。

数時間前までホテルにいたので、シャワーの必要は無し。


大きな窓(というかガラス張り)はあるのですが、ガラスに横縞が入っていて、飛行機見えにくいのが残念。


しかし、さすが本拠地のラウンジ。素晴らしい空間でした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行って気が付いた、ヨーロッパ クレジットカード事情

時代はサインレス


今回、約20年振りに訪れたヨーロッパ。フランスとスイスだけではありますが、おそらくヨーロッパ全体として、こうなっているのでは?と気づいたことを。

レストランにスーパー、みやげもの店、果ては地下鉄のキップの購入まで、ありとあらゆるところでクレジットカードを利用しましたが、一度も、そうただの一度もサインをしなかったのです。

日本てカードを利用すれば、ほぼ間違いなくサインを求められます。あるいは少額決済ならサインを省略、というスーパーもありますが、それは珍しい方。


しかし今回のヨーロッパ旅行、サインをすることなく、しかし例外なくPINコード(暗証番号)の入力が必要でした。カード決済をしたいことを告げる(カードを見せる)と、お店ならレジ横に設置されているカード読み取り機にカードを挿入するように指示されます。この読み取り機、ホテルフロントにもスーパーにも設置してあったのですが、最初からこちら向き(お客側)を向いて設置してあります。

読み取り機にカードを挿入する場所はまちまちでしたが、挿入すると言語の選択、支払い通貨の選択(ユーロ建てか、円建てか)などを行い、最後にPINコードを入力します。すると決済完了。非常にスムーズに支払いが終了します。


レストランではテーブルで支払いをしますが、なんと読み取り機をテーブルまで持ってきて、そこでPINコードの入力を行います。読み取り機は無線で通信をしているようで、テーブルについたまま支払い完了。

以前ならカードをレジまで持っていき、レシートをテーブルまで持ってきて、さらにサインをしていましたが、この方式だとカードが目の前から消えることはありません。スキミング対策にもなります。


メリーゴーランド


ということで、サインをせずにカードが利用できるヨーロッパ。ということはますます暗証番号の重要性が増すわけです。これまでは漢字でサインしておけば不正利用されにくいと考えていましたが、そうもいかなくなりますね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © マイレージブログ・たくあんマイル弁当 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます