マイルを貯めよう!と一念発起。でもどうやって貯めたらいいの?という疑問を解決!


◆マイルを貯める航空会社を決めよう!


マイル(マイレージ)は航空会社のポイント制度。もともと、顧客を囲いこむための仕組みなので、各社それぞれ特徴があり、共通ではありません。ですから、まずはどこの会社のマイレージサービスに登録するかを決める必要があります。

もちろん、日本在住の場合は日本の航空会社で貯めるのが現実的。マイルが貯まるキャンペーンが豊富ですし、暮らしの中でマイルを貯める機会が一番多くあります。

しかし、外資系航空会社の方が有利な場合もあります。しかし言葉の壁(読むにしても話すにしても)を乗り越えなければならない場合も多々あるため、そういうのが苦手な方は避けた方が無難かもしれません。

WEBから予約する場合などは、平易な言葉が使われているので何が書いてあるのか全然わからない、ということはありません。

ではどのような基準で選べばよいのでしょう?


  • 搭乗する可能性のある会社を選ぶ

どの会社も自社を利用してもらうためにマイレージサービスを行っています。ですから、自社にもっとも有利になるように規約を設定しているケースが多くなります。一番乗る可能性が高い会社を選ぶのがひとつの基準でしょう。

まったく乗る可能性の無い会社で貯める場合もありますが、それはかなり特殊な環境の場合。上級者向けとなります。


  • 行きたい国(地域)に路線がある会社を選ぶ

マイルを貯める理由を思い出しましょう。ハワイに行きたい、ヨーロッパに行きたい、など行きたいところがあるはず。ですから、行きたい国(地域)に飛んでいる会社で貯めた方が利用しやすくなります。

私の場合はバリ島へ行くためにマイルを貯めているようなものですから、バリ島へ就航している会社というわけでJALをメインに貯めていました。経営破たん後にバリ島路線からは撤退。以後はANAマイルも同様に貯めています。


ANAはバリ島へは就航していません。でもANAマイルでバリ島へ行くことができるんです。なぜでしょう?


◆アライアンス(航空連合)を考慮しよう!


当初は自社便に乗ってもらうために始まったマイレージサービス。その後、アライアンス(航空連合)という航空会社同士が提携して利便性を高め、より多くの顧客を獲得しよう、という流れが起きました。その中でマイレージサービスも自連合に顧客を取り込むために提携。互いの航空会社でマイルを獲得・利用できるようになったのです。

この仕組みを利用すると、バリ島へ就航していないANAマイルでも、ANAが属するスターアライアンスの航空会社を利用すれば、ANAマイルを貯めながら、あるいは利用してバリ島へ行くことができます。

例えばシンガポール航空。シンガポールからバリ島までは3時間ほどのフライト。1日4往復就航しているため、シンガポールを経由してバリ島へは結構行きやすいのです。

ですから、行きたい国や地域にANAやJALが飛んでいない場合でも、同じアライアンスに属する会社がフライトしていれば、その会社を利用したときにマイルを貯め、その会社の特典航空券を利用して行くことができます。



現在、世界には以下の3つの航空連合があります。

  • スターアライアンス

ANAが属しているアライアンスです。アメリカのユナイテッド航空やシンガポール航空などが立ち上げた世界最初のアライアンスです。現在、ドイツのルフトハンザ航空、タイ国際航空、トルコ航空など、最も多くの航空会社が参加しているため、マイルを貯める機会も、利用する機会も多いアライアンスとなります。

ANAマイルがぐっと貯めやすくなったため、特典航空券が取りずらい、という状況も生まれているようです。


  • ワンワールド

JALが属しているアライアンスです。アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、香港のキャセイパシフィック航空などが参加しています。こちらもJALマイルを貯めて利用することができるため、利用する機会の多いアライアンスです。


  • スカイチーム

日本国内に本拠地を置く会社はありません。ですからちょっとなじみの薄いアライアンス。しかしアメリカのデルタ航空が中心となっており、デルタ航空の行っている「ニッポン500マイルキャンペーン」を利用してマイルを貯めている方も多くいます。デルタ航空のマイルには有効期限がありませんので貯めやすです。他にKLMオランダ航空、エールフランス、大韓航空などが属しています。



中東の雄、エミレーツ航空など、アライアンスに属していない会社もあります。しかしエミレーツ航空はJALと個別に提携しており、JALマイルで特典航空券を取ることができます。

また、ガルーダ・インドネシア航空はスカイチームに属していますが、ANAと個別に提携しているため、ガルーダに搭乗してANAマイルを貯めることができ、またANAマイルを利用してガルーダの特典航空券を取ることもできます。ですから、ANAマイルでバリ島へ直行便で行くことも可能なのです。

このように、個々の会社同士でマイル提携をしている場合もあるため、あなたが利用したい航空会社があるのなら、どこと提携しているのかあらかじめ調べておくといいでしょう。



◆結局どうすればいいの?


おすすめはやはりANAかJALの日本の航空会社になります。何より、生活の場で貯める機会が多いのがポイント。いつも行っているあのお店でマイルが貯まるとなると良くないですか?

両者の貯めやすさにあまり差はありませんが、ポイントサイトを利用した場合は圧倒的にANA。

ソラチカカードを利用したルートでポイントをマイルに交換すれば、かなりのスピードでマイルを貯めることができます。



まずは入会しないと貯まりません。登録・年会費は無料ですから両方入ってしまう方法もあります。

ANA MILEAGE CLUB JAL日本航空 JMB入会



関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加