やはりビジネスクラスの機内食はいいですね


ビジネスクラスのお楽しみ、機内食です。

メニューもいい感じです。大阪発便の料理はスイスホテル南海大阪のシェフが監修しているようです。

LH機内

本日のメニューは、

洋食
オードブル(3品から1品)
クラブラックス、ランプフィッシュキャビア、きゅうり
ヴィッテロ・トンナート、仔牛薄切り肉のツナソース添え
スペルト小麦と豆サラダ、グリーンピース

サラダ
カッテージチーズサラダ、ヤングコーン

主菜(2品から1品)
牛フィレのグリル、ベビーポテトのオーブンロースト、グリーンペッパーソース
海老のソテー、ガーリックマッシュルーム、ハーブソース

チーズとデザート(3品から1品)
グリュイエールチーズ、キャステロブルーチーズ、フェタトーズ、ドライフルーツ
ニューヨークチーズケーキ
新鮮な果物


和食
前菜
蛸寿司、焼き鯵寿司、かっぱ巻き、甘酢生姜、きゅうりとクラゲの酢の物、もろこし真丈、南京真丈、枝豆

小鉢
茄子の生姜餡かけ


茶蕎麦

汁物
味噌汁

台の物
豚肉の味噌焼き

香の物
漬物三種

チーズとデザート
新鮮な果物
和菓子



ラウンジで食べ過ぎてしまうと機内食を食べるのが辛くなりそうですが、関空のラウンジは食べるものが無いのでその心配はありません。いいのか悪いのか。


ようやくシャンパンをいただきました。銘柄は忘れました。でもおいしいですね。

LH機内

ビジネスクラスシートも結構多いので、一度サーブしに来て、次に来られるまでは結構間があります。その間をゆっくり楽しむのはちょっと難しい。

アルコールをお願いすると必ず一緒に水を勧められました。酔っぱらって気分が悪くなったりしないようにする配慮ですね。


子どもが注文した和食。

LH機内

これを食べておなかいっぱいになったのか寝てしまいました。なので主菜とデザートは割愛。子供には十分すぎる量です。

和食にするか、洋食にするか。いつも悩むところですが、私は基本的に乗ったキャリアの国の料理を選ぶようにしています。日系キャリアなら和食、欧米系なら洋食、アジア系なら当然その国の料理です。やはり自国の料理にはこだわりがあるでしょうし、間違いがないかなと。みなさんはいかがですか?

ですから当然洋食をチョイス。

LH機内

パンがいろいろと選べて、おかわりもできるのがうれしいです。和食も子どもが食べ残した分をもらいましたが、おいしかったですよ。どちらを選んでも満足できるのではないでしょうか。

メインは肉料理をチョイス。これはちょっと硬かったかも。

LH機内

日本で調理しても、欧米風になるのでしょうか?


デザートは2品。2つ選んでもいい?って聞いたら「もちろん」と返ってきたので遠慮なく。

LH機内

このころにはおなかいっぱいです。


コーヒーをいただきながらチョコもサーブ。

LH機内

このチョコ、何か柑橘系のソースが入っているようで、とってもおいしかったです。食べきれなかった分は持ち帰ってホテルでいただきました。


このあとは就寝モード。気が付くと機内は真っ暗でした。ひと眠りしたみたい。
映画を見始めたのですが、ロード・オブ・ザ・リングの続編(話的には過去の話)を見ました。ロード・オブ・ザ・リングは全作見たのですが、壮大なスケールに圧倒された作品でした。そのエキスを受け継いだ作品でしたが、滅茶苦茶長かったのにまた続いてしまった。え、続きはどこで見ればいいの?


そうこうしているうちに次の食事。日本なら遅めの夕食、ヨーロッパなら昼食に相当。この辺りから胃がおかしくなってきますね。

LH機内

あ、全部いただきましたよ。出されたものは全部いただく主義なんです。ですからビュッフェで取りすぎは禁物。家族の残した分をいただきますから。

チーズシュペッツェレのお味はなかなか。この時からチーズ三昧なヨーロッパ旅行でした。


さて、そろそろフランクフルトに到着するようです。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加