家族マイラーたくあん、今回もマイルを使って家族でビジネスクラスに搭乗です。

マレーシア航空

あ、でもマレーシア航空直行便は取れませんでした。



家族マイラーは家族で貯めて、家族で利用します


さて、来年の旅行の予定。マイラーは1年前から旅程を考えないといけないので大変。しかも我が家が家族で移動するので、4人分の特典航空券を押さえる必要があります。

マイラーさんの中には、家族旅行へ行った記事もありながら、特典航空券予約はどうもおひとり分、という方がいらっしゃるように思います。その間、ご家族からはクレーム、ブーイング等無いのでしょうか?我が家ならきっと非難轟々でしょう。


たくあん家では、JALマイルもANAマイルも家族で貯めています。JALはJALカード家族プログラム。ANAはANAカードファミリーマイルです。

どちらもJALカード会員、またはANAカード会員になる必要があります。さらに18歳以上の方は家族カード会員あるいは別にカード本会員になる必要がありますが、家族で合算してマイルを利用できるうれしいサービス。

我が家も私はポイントサイト等でポイントを貯めて、マイルにガンガン交換していますが、子どもたちは年に1-2回搭乗すればいい方。なので本来なら子供たちはマイルを貯めても失効するのを待つだけ。

しかし家族プログラム、ファミリーマイルならそんな子供たちのマイルを合わせて特典航空券にすることができます。わずかなマイルかもしれませんが、合わせると大きな力になる、三本の矢のお話のようです。


今回も貯めたマイルを合算して特典航空券を予約しました。


JALマイルでOneworld特典航空券を予約


昨年はANAマイルでスターアライアンス特典航空券を予約したわけですが、さすがにANAマイルはすっからかん。その後貯まりつつありますが、まだ1万マイルを超えた程度です。

というわけで今回は来年春から怒涛の期限切れを迎えるJALマイルを何とか利用したいなと画策。

今年はヨーロッパへ。ヨーロッパもいいのですが、子どもたちも大人も歩き疲れてヘトヘトになってしまいがちな旅行になってしまいます。そこで来年は再びアジアなリゾートへ行きたいなと。

JALのデンパサール便が復活してくれれば一番話は早いのですが、現実は無理。JALの成田便だと、行きはいいのですが、帰りは朝に成田空港に着くケースがほとんどで、大阪まで変えるには羽田に移動が必要。Peachなどで帰ってきてもいいのですが、荷物の重さが懸念材料。


そこでワンワールド加盟会社に目標をシフト。大阪発だとキャセイパシフィックかマレーシア航空になります。

行くなら行ったことの無いところへも行ってみたいな、という理由だけでマレーシアの首都、クアラルンプールに標準をセット。

マレーシア航空なら関空から直行便あり。しかしどうも空席がほとんど無いのです。どうせ乗るならビジネスクラス。マイルはポイントサイトからかき集めたので、何とか足ります。空いている日程もあるのですが、どうもマレーシア航空関空線ではビジネスクラスは2席しかマイレージ特典航空券に開放していないようです。

必然的に、関空線が毎日4便もあるキャセイパシフィック航空に絞られてきます。

キャセイパシフィック航空はうれしいことに、ビジネスクラスが毎便4席ずつマイレージ特典航空券に開放されています。香港で乗り継ぐことで時間はかかりますが、キャセイパシフィック航空の誇る、香港国際空港ラウンジを利用することもできますし、そもそもキャセイには一度乗ってみたかった。クアラルンプール線も毎日数便運航されています。

というわけで頭の中ではルート決定。あとは特典航空券予約開始日を待つのみです。


Oneworld特典航空券予約は電話が必要


キャセイパシフィック航空単独の予約であればWEBで完了します。しかし今回は思うところもあって電話で予約。マレーシア航空を混在させようと思ったので、ワンワールド特典航空券は電話での予約が必要なんです。

キャセイ単独で予約した方が一人当たり3,000マイル少なく済むんですけどね。


まずは「JMB会員専用国際線予約(日本地区会員専用)」に電話。営業時間は8:00~19:00で年中無休。8:00ぴったりに電話をすると、お、あっさりつながりました。

旅程を伝えて予約開始。マレーシア航空直行便はやはり空いていませんでした。

香港までの便はOK。香港からはマレーシア航空の方が早く出発するため、そちらに乗りたかったのですがなんと空席が3席しかなく断念。

さらにクアラルンプールからの帰国便はキャセイが1席のみのため、こちらはマレーシア航空に搭乗することに。

ここまでは何とかうまくいったのですが、最後の予約便だけが日付をまたいでの出発になるため、なんと搭乗日の330日前の午前10時からしか予約できないということが判明!ショック、せっかく電話があっさりつながったのに。

仕方なくもう一度10時に電話。今度は7-8分待ちました。電話代もったいない。

オペレーターさんに旅程を伝えて予約再開。こちらがこの便で、あの便でと伝えても、いやな声ひとつされませんね。最後の香港-関空便も押さえて予約完了!

若干ハードスケジュールではありますが、私としてはいろんな飛行機に乗れて楽しそうな旅程になりました。

JAL特典航空券


燃油サーチャージは必要


ワンワールド特典航空券、キャセイとマレーシア航空便では燃油サーチャージが必要です。諸税込で大人26,460円、子ども25,140円の合計103,200円となりました。

ヨーロッパへ行ったときは燃油サーチャージと諸税だけで20万円を超えましたから、まだましです。


というわけで来年はキャセイパシフィック航空(とマレーシア航空)初搭乗になります。今から楽しみです!
キャセイパシフィック航空


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加