バリ島から帰国


バリ島からの帰国、マレーシア航空でまずはクアラルンプールへ移動。

KUL-DPS間はB777-200とB787-800の2種類の機体が運航していますが、往復ともにB777-200でした。フルフラットにはなりませんが、足元にはかなりの余裕がある座席。3時間ほどで降りるのはもったいない気がします。


クアラルンプール国際空港では再びゴールデンラウンジで過ごします。

さっき食べたばかりですが、また食べてしまうこの意志の弱さ。麺類とかもおいしそうなんですよ。

ゴールデンラウンジ


ゴールデンラウンジ

あ、果物も。

ゴールデンラウンジ


おなかい~っぱいな状態で出発です。


MH78便 クアラルンプル→香港


クアラルンプール-香港間もいろいろな機体が運航されていますが、乗り継ぎの関係で一番遅い便、MH78便しか乗れないので、この区間はB737-800型機になりました。

ウィングレット装備の新しい機体です。

マレーシア航空 B737-800

機内はこんな感じ。B737型機のビジネスクラスとしては標準的ではないでしょうか。

機体が小さいのでそんなに長距離は飛べません。飛行時間が短いので、フラットになるシートまではいらない、ということです。

マレーシア航空 ビジネスクラス

モニターサイズも標準的。

マレーシア航空 ビジネスクラス


スカイインテリアが搭載されており、流行の、シーンによって照明色を変えることができる機内です。

マレーシア航空 ビジネスクラス


機内食(夕食)


さっきまで食べていたわけですが、、、出されるとまた食べようとしてしまいます。

まずはサテー。

マレーシア航空 ビジネスクラス

ピリ辛の濃い味付けが美味です。おなかがすいていればきっと、ぺろりと食べてしまったことでしょう。


サラダやフルーツはいいですね。でもハムは重たい。

マレーシア航空 ビジネスクラス


あ、もう無理です、ごめんなさい。

マレーシア航空 ビジネスクラス

さすがに途中でギブアップしてしまいました。食べないのならいらないと初めに断わればいいんですけどね、言葉の壁が(言葉のせいにしてみる)。


ビジネスクラスの乗客は我が家ともう1名のみ。

ひとりのCAさんがせわしなく動いています。あまり愛想もありませんが、、、たまに無駄話もしていたり、余裕はありそうです。まあ、いろんな乗務員さんがいますよね。


香港まではまだ時間がありそうです。

マレーシア航空 ビジネスクラス



香港国際空港から関空へ


香港国際空港到着はほぼ真夜中。

1時半ごろに出発する関空行CX便乗り継ぎのため、再びラウンジで過ごします。

もうハシゴをする元気もないので、ゲートに一番近いBRIDGEで。

ところで、香港のキャセイラウンジですが、最終便出発まで営業とありますが、夜中の1時には終了します。もう閉まるので、、、と申し訳なさそうにスタッフの方が回っておられました。

ですから、東京行き、大阪行きの便に乗る方はしばらくラウンジの外で過ごす必要があるので要注意です。

香港国際空港

夜中なのにこの賑わいです。



CX566便はエアバスA330-300での運航。残念ながらリージョナル仕様のビジネスクラスシートです。

さすがに眠いし疲れたしで写真は無しです。

しかし出発すると機内食を配って、、、いま何時?というような機内でした。

あ、さすがにお断りしましたけどね。


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加