マイラーの憧れ、ファーストクラス


マイルを貯める理由はもちろん、旅行へ行くため。

しかしマイルで無ければおそらく叶うことの無い夢、それはファーストクラス搭乗です。

自腹で航空券を買うならエコノミー。ファーストクラスチケットを購入する金額で同じ目的地に何往復もできます。


でも一度は乗ってみたい、それはファーストクラス。

エコノミーシートの狭いスペースでじっと我慢をしている間、機内前方では別世界が広がっているわけです。

自腹で買えないファーストクラスも、マイルでなら取れるかも、、、それがマイラーの夢でもあります。


シンガポール航空A380スイートクラス


シンガポール航空は機材、サービス等どれをとっても間違いなく一流の航空会社。ベストエアラインにも何度も選ばれています。

そのシンガポール航空がA380型機だけに用意した特別な空間、それがスイートクラスです。

他の機材ではファーストクラスとなりますが、A380の余裕あるスペースを利用して、わずか12席の個室空間を作り上げました。

言わば、ファーストの中のファーストでもあるわけですが、今回、そんな素晴らしい世界にお邪魔することができそうです。


どんな空間なのか、それはこちらのサイトで楽しく拝見できます。



シンガポール航空Krys Flyer特典航空券


我が家は4人家族。旅行へ行くにも4人一緒です。

4人で行くことが楽しみであり、4人で行けないのなら行く価値はありません。一人で豪華特典旅行をしても、楽しくありませんし、非難ごうごうなわけであります。


さて、4人一緒にということになると特典航空券旅行のハードルはぐっと上がります。通常、ビジネスクラスで特典航空券に開放されている席は2席。上級会員ではありませんので、空席待ちをしても落ちてくる可能性はまずありません。

ファーストクラス?到底無理なわけです。


しかしシンガポール航空はちょっと違う。

必要マイル数は増えますが、4人でも上級クラスの特典航空券を予約できます。

今年のバリ島旅行、復路はシンガポール航空ビジネスクラス特典航空券を予約済です。


シンガポール航空Kris Flyerの利点は片道でも予約ができること。往復で必要なマイル数の半分で予約ができます。ですから上級クラスでも、4人分の特典航空券に手が届かないことも無いわけです。


シンガポール航空A380スイートクラス特典航空券を予約


前振りが長くなりましたが、いよいよ本題です。

今回、片道ではありますがスイートクラス(ファーストクラス)特典航空券を4人分予約しました。


毎夏、シンガポール航空は期間限定で大阪にA380を就航させます。それに合わせた予約です。この期間を狙ったわけでは無く、日程を調整するとこの期間になっただけですが。


シンガポール航空サイトから特典航空券を予約します。

シンガポール航空

このように、シンガポール航空の特典航空券はSaver、Standard、Fullの3つに区分され、それぞれに必要なマイル数が異なります。Saverが最もお得なのですが、Saverチケットに空席が無くても、Standard、あるいはFullチケットなら予約できるのです。今回Saverに空席が無いのは私が予約したからなんですけどね。


大人1人、子供1人の予約で23万マイル。WEBから予約すると15%引きになるので、19万5500マイルが必要です。

シンガポール航空

税金、燃油サーチャージで一人あたり9,000円の支払いが必要ですが、燃油サーチャージが下がっているので助かります。


無事に2人分予約できました。

シンガポール航空

Saverで予約した2席と合わせて、4席分の特典航空券を予約しました。

総使用マイルはSaver12万マイル+Standard23万マイル=35万マイルの15%OFFで29万7500マイルとなりました。

WEBから購入すると大人1名往復で578,000円。4人分の片道ということで、単純計算で×4÷2と考えて115万6000円。1マイル当たり4円弱でした。やはりStandard特典はそれほどマイルの費用対効果はよくありません。



どうせならシンガポール発便の方が良くない?


シンガポール・チャンギ空港には、最上級顧客向けのラウンジ「The Private Room」があります。対して関西空港には、、、そんなラウンジはありません。ですからどうせ乗るならシンガポール発の便の方がよりラグジュアリーな体験ができるのです。

しかし今回は、

  • 先に復路ビジネスクラスを予約していた

  • マイルが十分では無く、とりあえず片道を押さえることに。行きは日中ですが、帰りは夜中。フルフラットシートでくつろげるなら帰りでしょ、という理由で復路を予約していました。

  • 帰りは夜中で楽しめない

  • 同じスイートクラスに乗るのなら日中の方が何かと楽しめます。一生に何度もある機会ではありません。できるだけ堪能したいもの。ですから深夜便となる帰国便でスイートクラス、というのはちょっともったいない。

  • WEBからスイートクラス-ビジネスクラスという乗継便の予約ができない

  • バリ島が目的地ですので、通常帰国時は通しで予約を取ります。ですが、シンガポール航空のWEBシステムでは異なるクラスでの特典航空券予約が取れません。電話をすれば取れるのかもしれませんが、それでは15%引きにならない。シンガポール-バリ島間にはファーストクラスの設定はありませんので、ビジネスクラス通しでの予約を取りました。



シンガポール・チャンギ空港のシルバークリスラウンジは評判の良いラウンジです。奥の方のより高級なスペースに潜入できない(スイートなら潜入可)のは残念ですが、十分楽しめると思います。


人生初のファースト(スイート)クラス、6時間しか乗れないなんて、時間が足りません!


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加