SINGAPORE AIRLINES A380 SUITE


シンガポール航空はエアバスA380型機のローンチカスタマー。世界で最初にA380型機の商業運航を開始しました。その広い機内を利用してあらたに設置されたのがスイート。ファーストクラスをしのぐ広さと、座席に扉を付け、よりプライバシーが高まった空間に注目が集まりました。

その後A380を導入した各航空会社では、ファーストクラスやさらに上級なクラスを設置し、同様のプライバシーに配慮した座席を提供しています。


2015年、そのスイートクラスに搭乗する機会に恵まれました。陸マイラーなら誰でも憧れる上級クラス搭乗。家族4人で乗せていただくという、今後はできないような体験。素晴らしい座席に上質なサービス。搭乗記でお伝えできればと思います。


SUITE CLASS SEAT


スイートに入るとまず驚くのが座席を取り囲む高い壁。そして壁の中に広がる広い空間。座席と対面に設置されたオットマンに座れば、移動中同行者と向き合って歓談したり、食事をいただくことができるほどの空間です。

困るのはその広い空間をどうやって写真に収めるか。よほど広角のレンズを使えば収まりますが、歪みが生じてしまいます。

そこで360度、天球イメージを撮影できるカメラを使用して、スイートを撮影してみました。

WEB上でスイートの空間を体験してみてください。


SUITE CLASS SEAT SINGLE


スイートは1-2-1の配列、全部で12席です。窓側は1席のシングル仕様。完全な個室です。窓はシートによって、2つの席と3つの席があります。

SINGAPORE AIRLINES A380 SUITE CLASS #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA




SUITE CLASS SEAT COUPLE


中央並びの2席は同行者と一つの個室を作ることができます。もちろんパーテーションを使用して個別に利用することもできます。しかし何と言っても魅力はベッドにした時に広がる広い空間。ダブルベッドまではいきませんが、セミダブルぐらいの広さにはなります。

SINGAPORE AIRLINES A380 SUITE CLASS #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA





SINGAPORE AIRLINE A380 SUITE CLASS #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA






いかがでしょうか?A380の広さがあるこそできる、スイートの素晴らしい座席です。



360度天球イメージを撮影できるカメラはこちら。



スティック状の本体両側に張り出すような形のレンズが取り付けられた他のデジカメには無い形状。その形状が360度天球イメージの撮影を可能にしました。今回のような室内空間を撮影するもよし。展望台からの眺めをパノラマ以上に撮影することもできる、撮影者のアイデア次第でいくらでも楽しめる素晴らしいカメラです。



関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加